渋谷デンタルオフィス

SHIBUYA DENTAL OFFICE

静岡県浜松市
東区市野町2540−1

駐車場

11台完備

イオンモール浜松市野 徒歩7分

カインズ浜松市野店 徒歩5分

ブログ BLOG

インプラントと他の補綴治療との違いとは


歯を失った部分を補うための治療法を補綴治療といいます。
インプラントはこの補綴治療の1つです。
各治療と比べた時、インプラント治療にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。


■歯を失った時選べる治療法3つ


◎インプラント

顎の骨に人工歯根であるインプラント体を埋め込み、連結部であるアバットメントはめ、その上に上部構造である人工歯を装着する治療法です。
顎の骨と結合するインプラント体には、チタンが使用されます。人工関節にも使用される生体親和性の高い金属です。


◎義歯

取り外し可能な人工の歯を喪失歯部分に装着する治療法です。
部分義歯(部分的な喪失歯に適用)と、総義歯(無歯顎に適用)に分けられます。部分義歯は、クラスプと呼ばれる鉤を左右の歯にかけお口の中で維持されます。


◎ブリッジ

左右の歯を削り、そこに橋をかけるように喪失歯部分を補う治療法です。
入れ歯と違い取り外しが不可能であること、左右の歯を削らなくてはならないことが特徴です。

<歯を失ったまま放置していると>

・歯の移動が起こり、かみ合わせが悪くなる
・清掃性の悪さから、虫歯や歯周病になりやすい
・発音、咀嚼などの機能に問題がでる


■インプラントのメリットとは


◎審美的に優れている

義歯、ブリッジと比べて審美的に優れているのが特徴です。
クラスプ(義歯の鉤部分)、ポンティック(ブリッジの喪失歯の部分)など、義歯とブリッジには目立ってしまう部分があります。しかし、インプラントは天然歯と変わらない見た目を得ることができます。


◎機能的に優れている

天然歯と変わらない力でかめます。特に部分義歯や総義歯と比べると、大変咀嚼力に優れているのが特徴です。
歯根から歯槽骨に刺激が伝わるため、骨が痩せにくいのも利点です。


◎左右の歯に負担をかけない

ブリッジと違い、左右の歯を削る必要がありません。
また、義歯のクラスプも場合によっては左右の歯に不適切な力をかけてしまうことがあります。1本の歯として独立しているインプラントは、左右の歯に負担をかけません。


■インプラントのデメリットとは


◎全ての費用が自費負担

インプラントは自由診療で、全ての費用が患者様負担になります。ブリッジや義歯は保険診療も選択できますが、インプラント治療に保険診療は適応されません。
また、本数が増えるとその分金額も上がります。
そのため、デンタルローンをご選択いただける医院も増えています。


◎清潔を保てない方にはおすすめできないケースがある

インプラントの周りには、天然歯と違い歯根膜などの歯周組織がありません。インプラントと歯槽骨が直接結合しているため、一度炎症を起こしてしまうとすぐに骨に広がります。
そのため、プラークコントロールができない方、清潔を保てない方にはお勧めできないケースもあります。


◎外科処置と、治癒を含めた治療期間が必要

インプラントには外科処置が必要になります。
そのため、全身疾患をお持ちの方は治療を受けられないケースもあります。また、治癒までの時間などを含め、4~6か月の時間がかかります。


【インプラント治療を行うかどうか迷ったらまずご相談を】


インプラント治療はメリットの多い治療法です。
天然歯に勝るものはありませんが、それとほとんど変わらない感覚を取り戻すことができるのが最大のメリットといえます。
義歯の使い心地や、左右の歯のダメージが気になる方などは、インプラント治療で劇的に口腔機能を取り戻すことができるかもしれません。
外科処置が必要であるため、適応とならない患者様もいらっしゃいますが、まずは一度ご相談いただき、検討を行うのが良いでしょう。
当院では丁寧なカウンセリングで、その方のライフスタイルに合った治療法をご提案させていただきます。

渋谷デンタルオフィス
院長
渋谷 光広

⇒院長の経歴はこちら